在宅ワークの事

他人のふんどしで不労所得を生み出す方法を学んだ

メンター曰く
今の時代、自分で1から何かを作ることは不可能だそうだ

5億円くらい持っていれば作れるかもしれないが、お金がない人は、自分で1からやろうとせずに、すでに勝っているひとのふんどしに乗っかる事が大事

日本人は頑張り屋さんなので、1からやるひとが良いとされるし
頑張った人をほめるという風習がある

でも、そんなのじゃだめだ、頑張ればいいというものではない

すべてここでは書けないが、記事作成について

外国の人気サイトに許可を取り、日本語に訳したサイトを作るという手法だ

勝手にやるのではなく、許可を取り、マージン契約を結ぶんだ

サイト収益の30%とか、そういう風に

そうすれば、自分で記事を考える必要はないし、売り上げに対する支払いだから、リスクもない

外国の人も、日本語訳サイトを作ってくれて、お金迄入ってるんだから、気分はいい

問題の日本語訳だが、自分でできないから外注に出す

サイト構成も似たようにして、記事をアップしてもらう

外注費だけ先にお金がかかるが、先行投資としては安いもんだ

ここまで話した話は、トップの人たちからすると当たり前の話なんだそうだ
次に、企業や会社の人が、外国人労働者を使って、これを量産するという事

特に日本語が話せるフィリピン人がいいらしい

フィリピン人は英語が話せるし、人件費が安いからだ

日本に呼ばなくても、ネットでフィリピン人に翻訳させると安く記事ができる

しかも原案は海外の人気サイトだ

他人のふんどしで大もうけするというのはこういう事

今の時代、自分で頑張って記事を書きましょう、成功するまでがむしゃらに手を動かして、頑張れば成功します、とか言ってる馬鹿の言う事を聞いてると、成功しない

他にもいろいろ教えてもらったから、今度かきます

さすがに眠たいので。

※具体的な話はインスタグラムやフェイスブックでもしています
アプリで神田けいた、と検索してください
フォローしてくださると、地味~で孤独な毎日を生きるモチベーションになるのでうれしいです。

僕の手法と運営サイトの全てはこちら

 

 

  • この記事を書いた人
神田けいた

神田けいた

自宅の部屋で独りでネットとパソコンを使い自由に働いています。精神病を治療中なので1日14時間くらい寝ます。2017年に起業、個人事業主3年目。

-在宅ワークの事

© 2020 神田けいたのブログ