マインドセット

負けないように頑張る、という負け組専門用語

今日はメンターとお話をさせてもらった

僕は、統合失調症だ

精神病だ

大学受験の時にプレッシャーから頑張りすぎて発症してしまい、暴れてしまった

そして警察に通報されて、保護されて、措置入院と言って4か月くらい強制的に入院させられた

この病気とは一生付き合っていくつもりだし、薬があればとりあえず生きていける

 

今思えば、あの時大学受験で頑張らなければ、病気にはなっていなかっただろう

でもあの時は、予備校と家との往復しかなかった

家の勉強机と予備校・・・それが僕の世界のすべてだった

 

僕は、メンターから頑張らなくていい、焦ってはいけない

と毎回必ず言われる

 

メンター曰く

誰かと比べて、劣等感をなくすために頑張る という考え方は、人生100年時代には絶対にやってはいけないことらしい

昭和の時代では、若いときに頑張って燃え尽きて60歳で定年、年金暮らしだった

その時代は頑張ってよかったんだ

今の時代は、年を取ってからのほうが人生が長いんだ

体の不調が現れるのが40歳くらい、体力が衰えてくるらしい

だから40歳から100歳くらいまで生きるとして、60年は若くはないわけだ

 

頑張ると、精神をすり減らす

その結果、若年性のアルツハイマーや、脳梗塞などの原因になる

それで何十年も生きなければならないわけだから、大変だ

 

僕はもうこれ以上病気の数を増やしたくない

メンターの言うことを聞いて、頑張らない働き方であと50年以上生きようと思う

お母さんが死んだら、僕はどうなるんだろう、という不安はある

 

とにかく、みんなに負けないように頑張る、と言っている人とは徹底的に距離をとる事が大切だ

そんな人と一緒にいると病気になってしまう

病気になってまでお金を稼ごうとは思わない

※具体的な話はインスタグラムやフェイスブックでもしています
アプリで神田けいた、と検索してください
フォローしてくださると、地味~で孤独な毎日を生きるモチベーションになるのでうれしいです。

僕の手法と運営サイトの全てはこちら

 

 

  • この記事を書いた人
神田けいた

神田けいた

自宅の部屋で独りでネットとパソコンを使い自由に働いています。精神病を治療中なので1日14時間くらい寝ます。2017年に起業、個人事業主3年目。

-マインドセット

© 2020 神田けいたのブログ