在宅ワークの事

アフィリエイトで愚直に頑張ってお金になる時代は終了した

今日は、メンターと話した

愚直に頑張れば成功する時代は終わった

努力では進化のスピードに追い付けない

昔は、それでよかった

例えば、誰かの記事を見る

それを改良する

アップする

その繰返を愚直にひたすら続けていればよかった時代があった

例えば

誰かの記事を見る

いいきじだな~と思ったものをもっと分かりやすくする

例えば、最初に結果を持ってくる

つまり、訪問者に最初に答を出してあげる

その下にアフィリエイトリンクをはってあげる

そして5000文字くらいで記事を書く

画像をつける

これをひたすら繰り返せば簡単に月に50万円くらい行く時代があった

それももう終わりを告げようとしてる

理由は、外注が手軽にできて、しかも品質が高くなり

まともな記事は1記事1万円くらいにね上がっている

みたいな内容を今日話の中で教えてもらった

頑張っても無駄な時代へ

つまり、もしあなたが頑張って、成果を得たとしても

さらに頑張る人

もしくは大金つかって人を頑張らせる事ができる人が

さらに上を行く

結果、あなたは稼げなくなる

 

しかも、今は、サイトをすべて外注にするとか

サイト分析のツールも増えている

一昔前と事情が違うんだ

高額塾運営者や情報商材を売りたい人は、景気のいい事を言うかもしれない

頑張れば月収100万円なんて余裕

私は2年で月収500万円ですよ!みたいな感じだ

マルチ商法

僕は大学にはいかなかったが

大学ではマルチ商法が流行っているらしい

景気の良い事を言って、売りつけるのは健康食品とかそういうもの

僕は詳しく知らないけど、(知る必要もないけど)

 

何がいいたのかというと、

オトナにはめ込まれる情報弱者からはそろそろ卒業したほうがいいよって事

いつまでたってもマルチ商法の底辺にいる人間みたいなマインドセットじゃどこにいても成功しませんよってこと

おせっかいかもしれないけど

僕からの小さな警告だ

オトナはズルい

僕もビジネスを少しだけ経験しているからわかるけど

ズルい大人は多い

高額塾の運営者同士がツイッターで褒め合って、

情報弱者を囲い込もうとする

収入を自慢して、ブランド物の洋服を着たりする

そういうキラキラ系を一切無視する事が大事だ

大学生に蔓延するマルチ商法に引っかかるようなメンタルからは、そろそろ卒業したほうがいいと思う

 

地味な人が一番だ

服はユニクロとしまむらでいい

地味でいいから時間がたっぷりある豊かな生き方がいいとおもう

僕は精神病の治療もあって、そういう生き方をしたい

※具体的な話はフェイスブックでもしています
フォローしてくださると、地味~で孤独な毎日を生きるモチベーションになるのでうれしいです。

僕の手法と運営サイトの全てはこちら

 

 

  • この記事を書いた人
神田けいた

神田けいた

自宅の部屋で独りでネットとパソコンを使い自由に働いています。精神病を治療中なので1日14時間くらい寝ます。2017年に起業、個人事業主3年目。

-在宅ワークの事

© 2020 神田けいたのブログ