日常の出来事

僕がアフィリエイトの月収10万円の壁を突破できた理由とは?

もう、この仕事を始めてから、半年くらいになる

本格的にメンターが教えてくれるようになってからは、約3か月だ

最初の方はよくわからずに、自分で調べているだけだったので、仕事をしているとはいえないのかもしれない

だけど、なんとなく独りで稼ぐ力を身につけなければ、だめだとおもった

今は、自分でお金を稼げるようになって、精神的にかなり楽だし

メンターに100%従っているので、将来の心配はない

精神的にすごく楽だ

こんなことを書いていると、メンターは気分が悪くなるかもしれない

いや、メンターは細かいことを気にしないというか、僕と同じ土俵じゃないので、気にはしないだろうけど

メガバンク、みずほ銀行や三井住友銀行のような安心感があるwww

それは、まるでお金が絶対になくならない場所で、そこに行けば、お金が引き出せるという感じだw

闇金融や街金融にはない安心感がある

月収10万円の壁

よく、10万円の壁というが

僕は超える事が出来た

でも、世間では、超える事ができない人も多い

僕には、その原因がわかる

その原因は、不安感だ

みんな、僕より健康だし、頭の回転が速いだろう

僕は、病院でテストをした結果、普段は小学四年生くらいの知能に落ちるらしい

薬でタイミングが合えば、一日数時間は中二くらいまでは回復する

簡単な数式も解けるようになる

その程度の脳みそだ

みんなの方が僕より圧倒的に有利なはずなのに、10万円の壁すら超えられないのはなぜか?

それは、安心感だ

メンターは15年くらい独りでやっているので、そういう現実を見れば、不安はなくなる

他の人は、きっと、お金に目がいっているんじゃないかな

月収100万円、500万円、1000万円稼ぎました、なんて、そういうところに目が行ってしまうんだろう

そんなことしていると、不安は増大し、日常生活すら不安なものになる

月収10万円越えの為に大事な事

精神的な豊かさを持っているメンターを見る事が大事で

見せびらかし、ひけらかし人間に目を向ける事は大事ではない

彼らは、精神的に豊かなどころか、精神的に子供だ

自分に足りないところを、ブランド物の衣服や、プロのカメラマンなどを使って撮影して、キラキラとしている風に見せかける

でも、第三の目で見れば、それがタヌキやキツネが化けている事は分かるはずだ

キラキラした人、お金をひけらかす人、派手なアピールをする人に目を向けてはいけない

それは、そういう商売の人だ

ホステスやホスト、劇団員みたいなものだ

 

現場で長年働いて、その苦しみを知っていて、その苦しみや痛みを克服した精神的に強い人達ではない

 

精神的に弱い人は、弱いがゆえに、キラキラアピールをする

弱さを隠すために、カメラワークとか、ルックスとかにこだわる

話し方もうまく、いつもニコニコ口角をあげている、そういう練習を専門家に習ったりしてんだな

彼らは、顔と名前を出さずに独りで稼ぐプロではなく、顔と名前を出すしゃべりのプロだ

そういう人を見ていると、精神的なエネルギーを吸い取られてしまう

稼がないといけない!と焦ってしまう

焦りが不安を呼び、パソコンに向かう時間は徐々に減り、やがて、やめるだろう

10万円の壁を乗り越えたければ、精神的に充実する事が大事だ

不安や恐れを克服しすれば、10万円の壁なんて誰でも突破できる

 

誰も見ていない所で、地道にやってればいい、と思う

静かにコツコツ積み上げよう

いつの時代でも、そういう人が勝つんだ

 

・・・・メンターは言った

といっても、僕は、仕事をせずにdアニメを見るだけで一日が終わってしまう事があるwww

そんな時、メンターはこう言うんだ

dアニメを見てもいいけど、続ける事が大事

パソコンを開いて、キーボードを一つ叩いて、それからパタンとパソコンを閉じて

それからdアニメをみなさい、と言われた

1秒でも毎日継続する事が大事だそうだ

特に、こうやって、マインドセットのアウトプットを続ける事も大事だそうだ

僕の場合は、アニメの感想ブログを書いているから、dアニメを見る事も仕事なんだけどw

おすすめ教材集

※具体的な話はインスタグラムやアメブロでもしています
アプリで神田けいた、と検索してください
フォローしてくださると、地味~で孤独な毎日を生きるモチベーションになるのでうれしいです。

僕の手法と運営サイトの全てはこちら

学んでいる教材集

  • この記事を書いた人

神田けいた

自宅の部屋で独りでネットとパソコンを使い自由に働いています。精神病を治療中なので1日14時間くらい寝ます。2017年に起業、個人事業主3年目。

-日常の出来事

© 2021 神田けいた 公式サイト